PR

 サーバーワークスは2011年12月22日、Amazon Web Services(AWS)のクラウドサービスを効率的に管理するためのサービス「Cloudworks」について、有償版の提供を始めると発表した。有償版では、災害対策のため仮想マシンを異なる地域(リージョン)にコピーするサービスでWindows OSを扱えるようにし、ストレージのスナップショットを世代別に管理できるようにする。

 Cloudworksは、日本語のユーザーインタフェースで、AWSの仮想マシン(EC2)の起動や停止を自動化したり、カスタマイズ済みの仮想マシンを地域(リージョン)間でコピーしたりできるサービス。AWSのサービスは地域ごとに区切られていて、特定の地域で起こった障害が別の地域には波及しずらい仕組みになっている。仮想マシンを別の地域のコピーしておき、特定地域で障害が発生したときには別の地域でサービス提供を継続できる。Cloudworksは、この仮想マシンを地域間でコピーする機能があり、無償版でサポートするのはLinuxだけだったが、有償版ではWindowsも扱えるようにする。

 他にCloudworksは、ストレージ(EBS)の障害対策として、そのスナップショットを別の地域にコピーする機能があるが、有償版ではその世代管理を可能にする。最大50世代までコピーを保持でき、古いものは自動的に消去して課金を抑えられる。コピーできるサイズも無償版では4Gバイトまでだが、有償版では最大300Gバイトまで対応する。さらに有償版では、AWSの複数アカウントをまとめて管理する機能も付加した。

 料金は月額4万8000円から。AWSのサービス料金はドル建てだが、円建てで支払いを代行するサービスも同時に開始する。この代行サービスを利用する場合、Cloudworksの有償サービス(ビジネスプラン)は無償で利用できる。