PR

 IDC Japanは2011年12月26日、今年第3四半期(7-9月期)のインクジェットプリンターおよび複合機(MFP)の出荷台数が前年同期比9.5%増の118万台だったと発表した。東日本大震災の影響は軽微で、前四半期からの好調が続いている。

 内訳は、インクジェットプリンターが前年同期比5.0%減の19万台。MFPが同12.8%増の99万台。総出荷台数に占めるMFPの比率は同2.4ポイント増の83.9%だった。10月以降の新製品本格販売に向け、ベンダーが例年以上に在庫を供給したため出荷数が実販売数を大きく上回った。

 第4四半期は、キヤノンがタイの洪水で大きな被害を受けたことからベンダーシェアに大きな変動が出る可能性がある。2011年通期の総出荷台数が前年に届かない可能性もあるという。

 IDC Japanでは、クラウドやスマートフォンなどの普及に伴って無線LAN搭載製品などが消費者の購入意欲を刺激しているが、多くは買い替え需要で、市場が飽和していることには変わりないと指摘。中長期的には、MFPの出荷台数は微増、単機能プリンターは減少傾向が続くと予測している。