PR

 米Mozillaは現地時間2011年12月23日、最新Webブラウザー「Firefox 10」のベータ版をリリースした。アップデート時のアドオンの対処を向上したほか、新たな開発者向けツールを組み込んだ。また、最新メールクライアント「Thunderbird 10」のベータ版も公開した。

 Firefox 10ベータ版では、アップデートした際に互換性がないことが確認されたアドオンは自動で無効化し、それ以外は引き続き利用できるようにした。ブックマーク、履歴、パスワードなどの設定をデバイス間で同期する「Firefox Sync」機能は設定手順をより簡素化した。

 開発者向けには、ページのデザイン、スタイル、フォント、カラー、配置などを手軽にテストできる「Page Inspector」、ページ内の要素に適用されているCSSプロパティの値を変更しながらデザインを確認できる「Style Inspector」を追加。フルスクリーンAPI、WebGLでのアンチエイリアス、CSS3の「3D-Transforms」をサポートする。

 Thunderbird 10ベータ版は、 Web検索機能を追加し、メッセージ検索機能を強化した。新たにメールアカウントを取得する機能も備える。

 Firefox 10ベータ版Thunderbird 10ベータ版はいずれもWindows、Mac OS X、Linux版をダウンロード可能。Firefox 10ベータ版はAndroid向けも公開されている。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]