PR
Google TVのイメージ
Google TVのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは現地時間2012年1月5日、テレビ向けプラットフォーム「Google TV」のハードウエアパートナー企業に、韓国のLG ElectronicsやSamsung Electronics、台湾MediaTek、英領バミューダ島のMarvell Technology Group、米VIZIOなどが加わったと発表した。1月10~13日に米ラスベガスで開催される国際家電見本市「Consumer Electronics Show(CES)」で各社が対応製品を展示するほか、2012年中に新製品を発売する見込み。

 このうちLG Electronicsは、同社製チップセット「L9」を搭載するテレビをCESで披露する。Marvell Technology Groupの米国子会社でファブレス半導体メーカーのMarvell Semiconductorは、テレビやセットトップボックス、メディアアダプター、Blu-ray製品向けのメディアプロセッサ「ARMADA 1500」を開発している。また、すでにGoogle TV対応テレビやBlu-ray Discプレーヤーを発売しているソニーも、米市場向けの新製品をCESで披露するほか、2012年中に世界各国で製品を発売する計画。

 Googleによれば、Google TVは2011年10月に新版をリリースして以来、アクティベーション率が倍増している。Android Marketを通じて配信されるGoogle TV向けアプリケーションも150種以上あるという(関連記事:「Google TV」を刷新、Android Marketが搭載に)。

 なお、Google TVのハードウエアパートナーには当初、米Intelも加わっていたが、英Financial Timesによると、Intelは2011年10月に家電向けの技術開発を手がける「Digital Home」部門を廃止しており、インターネットテレビ向けプロセッサ事業から撤退している。

[Google公式ブログへの投稿記事]
[Marvell Technology Groupの発表資料]