PR

 富士通は2012年1月10日、映画や演劇、コンサート、スポーツなどの興行主が、自社のホームページで興行チケットを直接販売するための機能を備えたサービス「票券管理SaaS」の提供を開始した。各種興行チケットの販売管理機能、公演管理機能、購入者管理機能をSaaS型で提供するとともに、セブンイレブンでのチケットの代金収納と発券、払い戻しを可能にする。

 票券管理SaaSは、全国の興行主が自社のホームページでチケットを直接販売するための仕組みを提供するもの。チケットの販売状況を管理する「票券販売管理」、演目の日程や席割り、料金を登録する「公演管理」、チケット購入者の決済状況や購入履歴を管理する「購入者管理」の機能を、同社のデータセンターを利用したSaaS型サービスとして提供する。また、全国に約1万3700店展開しているセブンイレブンで、チケット発券と代金収納、払い戻しを行うことができるサービスメニューも用意する。

 料金は個別見積もり。サービス導入後は、興行主による基本設定や座席の登録などの作業を経て、最短3日で自社ホームページでのチケット販売を開始できるとしている(会場図作成がなく、クレジット決済機能を利用しない場合)。