PR
オンキヨーが開発した20型クラスのスレートPC
オンキヨーが開発した20型クラスのスレートPC
[画像のクリックで拡大表示]

 オンキヨーは、20型クラスの大型スレートPCを開発した。2012年1月10日(米国時間)から米ラスベガスで開催される「2012 INTERNATIONAL CES」の米マイクロソフトのブースで参考展示する。発売時期と価格は未定。

 Windows 7を搭載したマルチタッチ対応のボード型パソコンで、「コミュニケーションボード」と名付けた。店頭での対面販売、社内会議やプレゼンテーション、対戦ゲームなど複数ユーザーが同時に使うことを想定している。CPUには第2世代Coreプロセッサーを搭載。さまざまなWindows用アプリケーションが利用できる。

 オンキヨーは、2010年9月にWindows 7搭載のスレートPCを発表。企業向けに販路を拡大してきた。用途の拡大に伴い、利用者からの要望も多様化してきたことから、従来にないサイズを開発した。当初は国内企業向けに販売。ビジネスツールとしての需要を見込んでいる。