PR
宇宙航空研究開発機構の情報
宇宙航空研究開発機構の情報
[画像のクリックで拡大表示]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2012年1月13日、職員のパソコン1台にウイルスが感染したことを明らかにした。宇宙ステーション補給機「HTV(こうのとり)」の情報などが漏洩した恐れがあるという。

 JAXAによれば、ウイルスの侵入経路はメールだった可能性が高いという。2011年7月に送られてきたメールの添付ファイルを開いたところ、ウイルスに感染したとされる。

 ウイルス感染が発覚したのは2011年8月。問題のパソコンで異常を検出したため、ネットワークから切り離して調査したところ、ウイルスに感染していることが判明した。

 だが、そのウイルスを駆除しても異常な状態が続いたため、調査を継続した。その結果、別のウイルスにも感染していたことや、7月6日から8月11日の間に何らかの情報が外部に送信されていたことが、2012年1月6日に明らかになったとしている。

 漏洩した可能性がある情報は、以下の通り。

・感染パソコンに保存されていたメールアドレス
・HTVの仕様や運用に関する情報
・感染パソコンからアクセスしたシステムのユーザーIDやパスワードなど

 漏洩情報の悪用を防ぐため、該当システムのパスワードは変更済み。現在JAXAでは、被害の状況や影響について調査中。他のパソコンのウイルス感染についても調べているという。