PR

 NECとNECネッツエスアイは2012年1月17日、岐阜県加茂郡白川町に、Android搭載タブレット端末「LifeTouch」を活用して独居世帯の安否確認や見守りなどを行うシステムを納入したと発表した。2012年1月末から35世帯で利用が始まり、順次さらなる展開を計画する。

 白川町は独居世帯に対する見守りサービスとして、社会福祉協議会などによる電話連絡や民生委員による訪問など福祉対策を行ってきた。今回は、納入システムと町内に整備された地域ネットワーク(光ケーブル)をベースに、独居世帯と自治体が端末の画面上で日々の連絡をとる。「自治体の負担軽減をしながら一層きめ細やかな見守りを実現する」という。

 このシステムでは自治体から「朝食を食べたかどうか」などの見守りメッセージを独居世帯の端末へ定期的に送信する。各世帯は端末画面上のボタン(「はい」「いいえ」ほか)に触れるだけで様子を知らせることが可能となる。 日々のやり取りのデータは、世帯単位や全世帯の軸で自動集計・グラフ化が可能である。

 また、画面全体に写るテレビ電話の機能がある。同機能を利用して、顔を見ながらのコミュニケーションを図ることができる。LifeTouchの画面上のボタン配置や色合い、文字サイズのカスタマイズを行い、IT環境に不慣れな独居世帯(例えば高齢者世帯)にやさしい操作の実現を図った。

 なおNECとNECネッツエスアイは、白川町の導入実績をもとに、独居世帯の安否確認や見守りなどを行うシステムを「ライフコミュニケーションサービス」の名称で発売した。ライフコミュニケーションサービスでは、「LifeTouch」などのタブレットを活用し、「テキストや音声メッセージによる安否確認などの見守り機能」(ワンタッチで緊急通報ができる機能もオプション提供)、 テレビ電話機能のほか、電子回覧機能(災害情報などの緊急情報の場合は緊急音と同時に表示が可能)、買い物支援機能などを装備する。

 なお、ライフコミュニケーションサービスは、2012年2月10日開催の「NECネッツエスアイ Customer's Fair 2012」(東京国際フォーラム)で出展を予定する。

[発表資料へ]