PR
図1●Smart Browse Printの概要
図1●Smart Browse Printの概要
[画像のクリックで拡大表示]

 キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は2012年1月18日、文書をiPadで閲覧、追記、印刷できるiPad用ソフト「Smart Browse Print」を発表した。3月上旬に発売する。同社のクラウドサービス「C-Cabinet」上で管理されたPDFやOffice形式の文書ファイルを、iPad上で閲覧できる(図1)。

 社内会議のペーパーレス化、営業のプレゼンテーション用途、業務マニュアルや社内報告書の閲覧といった用途に向ける。年間1000件の契約を目指す。

 iPad経由での印刷は、マイクロテック製のiPad用アプリ「ePrint」、またはキヤノン製iPadアプリ「Easy-PhotoPrint」などと連携することで実現する。社内の無線LANアクセスポイント経由で、対応する社内プリンターに出力できる。

 文書はインターネット経由で閲覧できるほか、iPadにダウンロードすればオフラインでの閲覧も可能。文書に手書きの文字や絵、iPadで撮った写真、テキスト入りの付せんを追記でき、追記部も印刷に反映される。

 価格は初期費用が1万5000円、月額は5台使用分で3000円から。ただし、C-CabinetなどキヤノンMJの文書管理サービスの利用契約が別途必要になる。

[発表資料へ]