PR

 ソリトンシステムズは2012年1月19日、添付ファイルが付属したメールをWebダウンロード形式に自動変換するアプライアンス「HiQZen」の仮想アプライアンス版「HiQZen for VMWare」を発表した。1月23日に出荷する。価格は、既存のハードウエアアプライアンスと同じで、330万円(税別)。

 HiQZenは、WebDAVファイルサーバー機能を中核に、メールの添付ファイルをダウンロード形式へと変換する機能を兼ね備えた、オンラインストレージ装置である。任意の外部ストレージ(iSCSI接続またはCIFS/NFS接続)をファイル保存領域としてマウントし、WebDAV経由で利用できるようにする。

 最大の特徴である添付ファイルの変換では、HiQZen自身が、既存の送信メールサーバーの前段など、メールのSMTP中継経路の間に入って、メールを加工して中継する。受け取ったメールから添付ファイルを分離してオンラインストレージに格納し、添付ファイルの代わりにダウンロードURLを含める仕組み。

 今回、HiQZenの仮想アプライアンス版を用意した。動作確認済みのサーバー仮想化ソフトはVMWare ESXi 4.1/5.0で、搭載するハードウエアや接続するストレージに制限はない。HiQZen向けのWebDAVクライアントは、無償でダウンロード配布している(稼働OSは、Windows XP/Vista/7)。このほかにも任意のWebDAVクライアントを利用できる。