PR
写真●スマートフォンをかざすと陳列商品の情報が表示される
写真●スマートフォンをかざすと陳列商品の情報が表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 凸版印刷は2012年1月23日、ICタグの読み取り機能を持つNFC対応のスマートフォンを使った情報配信の実証実験を開始した、と発表した。実験場所は資生堂の「SHISEIDO THE GINZA」内にある「MAQuiIIAGE(マキアージュ)」の紹介コーナーである。実験期間は2012年1月21日から3月11日までとなる。

 紹介コーナーには、NFC対応スマートフォンで読み取れるTypeAのICタグを実装した店頭ディスプレイを設置している。ユーザーや店舗スタッフがスマートフォンをかざすと、ICタグに記録している固有ID「ucode」を読み取り、そのIDにひも付いた陳列商品の情報をスマートフォン上に表示する仕組みである(写真)。日本語・中国語・英語の3言語で表示する。

 今回の実験は「東京ユビキタス計画・銀座」実施協議会が取り組む2011年度「東京ユビキタス計画」に、凸版印刷が参加したものである。実験にはユーシーテクノロジも協力しており、読み取ったucodeに関連する情報を配信する「ucode解決システム」を提供しているという。