PR

 東芝は2012年1月23日、パソコンの春商戦向け新モデル4製品を発表した。内訳はノートパソコンが3製品、液晶一体型デスクトップパソコンが1製品だ。1月下旬に発売する。

テレビチューナーを2つ搭載したCore i7ノート「dynabook Qosmio T751/T8E」

 「dynabook Qosmio T751/T8E」は、テレビ機能搭載ノートパソコンの上位モデル。デジタル放送3波に対応するテレビチューナーを2つ備える。液晶ディスプレイは15.6型で、解像度は1366×768ドット。CPUにはクアッドコアのCore i7-2670QM(2.2GHz)を採用した。8GBのメモリー、1TBのハードディスク(HDD)を搭載する。光学ドライブはBDXL対応のブルーレイディスクドライブ(BD-RE)。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版だ。オフィスソフトとして、マイクロソフトのOffice Home and Business 2010 Service Pack 1が付属する。きょう体の色は白と青の2種類がある。価格はオープンで、実勢価格は約19万5000円。

「dynabook Qosmio T751/T8E」
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料