PR

 トヨタ自動車とKDDIは2012年1月30日、トヨタとトヨタの顧客向けIT事業会社であるトヨタメディアサービスが共同開発したEV/PHV向け充電スタンド「G-Station」にKDDIが無線LANアクセスポイントを設置し、「Gアクセスポイントネットワーク」として展開していくことに合意したと発表した。

 無線LANアクセスポイント付きの「G-Station」は、2012年1月30日の「プリウスPHV」の販売開始に向けて順次展開しており、2011年度末までにトヨタの販売店や集客施設に1500台を設置する計画である。

 G-Station付近ではスマートフォンなどの無線LAN搭載端末を通じてインターネットを利用できる。またKDDIの携帯電話ユーザーは「au Wi-Fi SPOT」として利用できるほか、ほかの通信会社の無線LAN機器も接続できる。

 トヨタとKDDIは今後、ショッピングモールやファミリーレストランなどに設置するG-StationもGアクセスポイントとして展開することを検討しており、ユーザーの利便性向上と「au Wi-Fi SPOT」のエリアを拡大する方針である。

 トヨタは将来、同社の車に順次無線LAN機器を搭載する予定であり、KDDIと連携して無線LAN機器搭載車からGアクセスポイント経由で情報を収集することで、より精度の高い交通情報を提供する方針である。

 また、カーナビゲーションの更新地図データを無線LANで配信するといったサービスの開発にもつなげる方針だという。

[KDDIの発表資料へ]