PR

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は2012年2月1日、DDoS対策の新サービス「IIJ DDoSプロテクションサービス」を発表した。3月から提供を開始する。従来も同種の「IIJ DDoS対策サービス」があったが、新サービスは耐えられる攻撃の容量を拡大している。

 新サービスでは新しいDDoS防御装置を採用し、1台構成でも最大3Gビット/秒の攻撃に耐えられる。柔軟に拡張できる防御装置で、複数台を並べて容量を高めることも可能だ。防御装置はIIJのデータセンターで運用し、ユーザーのネットワークにDDoS攻撃のパケットがなだれ込むことを防ぐ。

 従来のIIJ DDoS対策サービスでは耐えられる攻撃が1Gビット/秒までだった。「昨今は1Gビット/秒を超える攻撃が増えてきた」(IIJ広報)こともあり、サービスの刷新に踏み切ったという。防御装置を変更したことで、将来的にはIPv6にも対応する。

 月額料金は機器構成によって個別見積もり。おおむね数十万円~百数十万円の範囲におさまるという。