PR

 NTTデータは2012年2月6日、スマートフォン/タブレット端末向けに、クレジット決済機能とクレジットサイン伝票を電子化するサービスを提供するクラウドサービス「PastelPort Plus」を発表した。4月から試験展開を開始、6月に正式サービスを開始する予定である。同サービスの開始にあたり、同社は専用のクラウド型決済処理センター「PastelPort Plusセンター」を新設した。

 PastelPort Plusは、Androidを搭載するスマートフォン/タブレット端末を、クレジットカード決済端末として使うためのサービス。Android端末にインストールする専用の決済アプリケーション、同社が運用するクラウド上のPastelPort Plusセンター、クレジットカード情報を読み取る専用カードリーダーで構成される。イベント会場や営業訪問先など、店舗の設備がない場所でもクレジットカード決済することができるので便利だ。

 カード決済手順は、まず専用カードリーダーで読み取ったカード情報をBluetooth通信でAndroid端末に取り込む。Android端末からPastelPort Plusセンターへアクセスして、センター側で決済処理を実行する。クレジットサインは、Android端末の画面上に記入してもらうことも可能。サインは電子化してPastelPort Plusセンターで保管する。専用カードリーダーがカードを読み込むと同時にカード番号を暗号化し、Android側には一切カード情報を保有させない仕組みになっている。

 当面はAndroid端末のみに対応、今後、iOS搭載端末もサポートしていく予定だ。