PR
発表した企業の代表者。左からシャープ常務執行役員の中山藤一氏、NTT西日本取締役の小林充佳氏、イオン執行役ITグループ責任者の縣(あがた)厚伸氏、ハーストーリィプラス代表取締役の佐藤緑氏
発表した企業の代表者。左からシャープ常務執行役員の中山藤一氏、NTT西日本取締役の小林充佳氏、イオン執行役ITグループ責任者の縣(あがた)厚伸氏、ハーストーリィプラス代表取締役の佐藤緑氏
[画像のクリックで拡大表示]
「A touch Ru*Run」の端末。シャープ製でOSはAndroid 2.3。左が7型液晶の「RW-N107」、価格は3万9800円。右が10.1型液晶の「RW-N110」、価格は4万9800円
「A touch Ru*Run」の端末。シャープ製でOSはAndroid 2.3。左が7型液晶の「RW-N107」、価格は3万9800円。右が10.1型液晶の「RW-N110」、価格は4万9800円
[画像のクリックで拡大表示]

 イオン、NTT西日本、シャープの3社は2012年2月22日、タブレット端末を使った家庭向けネットサービス「A touch Ru*Run(エータッチルルン)」を3月12日から提供すると発表した。

 シャープ製のタブレット端末を用い、NTT西日本の「くらしフルサービス」、イオンのネットスーパー、シャープの電子書籍サービス「GALAPAGOS STORE」などを利用できる。ITツールによる家族のコミュニケーションをより深めることを目的にしている。主に既婚女性を対象としたマーケティング会社であるハーストーリィプラスの協力を得ながらコンテンツの検討を進めていた。

 帰宅した子どもが端末の画面にタッチすることで、外出中の家族が携帯電話で帰宅と知るサービスや、写真の入ったメモリーカードを挿し込むことでアルバムを管理できるサービス、家族共有のスケジューラー、生活シーンに合わせて選べるレシピなどの機能を統合する。

 イオンのネットスーパーは、タブレット端末の機能を活用して、画面タッチで商品を選択して買い物かごに入れることができる。2012年度上期のうちに、イオンの電子マネー「WAON」を使った決済も可能にする。

 タブレット端末のOSはAndroid。画面サイズの異なる2モデルがあり、7型は3万9800円、10.1型は4万9800円の予定。くらしフルサービスは有料で月額315円または年額3465円。電話や遠隔操作によるサポートサービスは無料。ネットスーパーとGALAPAGOS STOREの登録も無料。

 端末はイオンのネットショップで販売を開始し、イオンの店頭でも販売していく。関東圏と広島で提供を開始し、順次全国展開する。2013年度にタブレット端末30万台の展開を目指す。