PR
「Cloud Days Tokyo/スマートフォン&タブレット/ビッグデータEXPO」の会場の様子
「Cloud Days Tokyo/スマートフォン&タブレット/ビッグデータEXPO」の会場の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 クラウド、スマートフォン、ビッグデータ――。旬のITトレンドの最前線を網羅する専門展「Cloud Days Tokyo/スマートフォン&タブレット/ビッグデータEXPO」(主催:日経BP社)が2012年2月28日、東京・有楽町の東京国際フォーラムで開幕した(写真)。

 午前9時半からのキーノートには、東京海上ホールディングス執行役員・IT企画部長の澁谷裕以氏が登壇し、「クラウド・コンピューティングへの期待」と題して講演した。入社以来システム部門一筋という澁谷氏はユーザー企業の立場から、現行のITに対する問題意識、クラウドに対する期待、ベンダーへの注文などを率直に語り、講演会場を埋め尽くした聴衆が熱心に聞き入った。地下の展示ホールも、クラウド、スマートフォン&タブレット、そしてビッグデータの最新動向を把握しようとする来場者で早くから賑わった。

 続く2月28日午後には米アマゾン・ウェブ・サービス幹部や米セールスフォース・トッド・コム幹部によるキーノートがある。2日目の2月29日には、リクルート MITシステム基盤推進室エグゼクティブマネージャーの米谷修氏が「3種のクラウドを使い分ける~リクルートの選択理由」と題したキーノートを行う。さらに29日には、米マイクロソフト幹部のキーノートや、米インテル幹部と日経BP社コンピュータ・ネットワーク局長桔梗原富夫の特別対談もある。

 Cloud Days Tokyo/スマートフォン&タブレット/ビッグデータEXPOは、それぞれがクラウドコンピューティング、スマートフォン&タブレット、ビッグデータに焦点を当てた専門展。3展合わせて110社が出展・協賛し、2月28日と2月29日の2日間にわたって80のキーノート/セミナーを開講する。日経コンピュータやITproをはじめとする日経BP社の各メディアも様々な主催者企画を展開する。専門セミナーと展示の二つで、IT部門はもちろん経営企画部門や利用部門の来場者の関心に応える。

 すでに満席となったキーノート/セミナーも多いが、一部はまだ申し込みできる。展示会だけの参加も可能だ(詳細は特設サイトを参照)。

 Cloud Days Tokyo/スマートフォン&タブレット/ビッグデータEXPOの模様は適時、ITproでも速報する。