PR
災害用伝言板での表示例
災害用伝言板での表示例
[画像のクリックで拡大表示]

 Facebookは2012年2月27日、大規模災害が発生した際に友人・知人の消息確認ができる「災害用伝言板」機能を発表した。まず日本向けに公開する。Facebook上に無事を報告して家族や友人と状況を素早く共有できる。

 災害発生時にFacebookにアクセスすると、ホームページ(ニュースフィードページ)の最上部に災害伝言板ページへのリンクが表示される。このページにアクセスして、自分の名前の下に表示される「無事を報告」をクリックすることで、自分の無事を家族や友人に知らせることができる。

 名前、居住地、勤務先、学校、出身地、自分が参加するFacebookグループなどの情報から、友人やグループメンバーを検索可能。電話、メールなどで無事を確認できている友人の無事を報告することも可能で、安否情報を友人間で共有できる。

 友人でないユーザーの無事報告やコメント投稿はできないが、同じグループに所属していれば直接友人でなくても無事を確認できる。友人検索の項目は、通常のプライバシー設定の公開範囲に限る。

 同社は、2月28日~29日に国内限定で同機能のテストを実施。ユーザーに周知するとともに、集中アクセス時にシステムが正常確認するかを確認する。大規模災害を想定し、日本国内の全ユーザーのホームページに同機能へのリンクが表示され、試用できる。