PR

 イー・アクセスは2012年2月29日、本日総務省から発表のあった900MHz帯の割り当て審査結果(関連記事:[速報]プラチナバンド900MHz帯はソフトバンクに割り当て)について、代表取締役会長である千本倖生氏のコメントを発表した。

 千本氏は、「当社に対する900MHz帯の認定が行なわれなかったことに関して大変残念に思います。携帯電話事業者4社のうち、プラチナバンドの割り当てがない事業者は、最後発である当社のみの状況となりました」と述べている。

 さらに「既存大手3社との高速サービスにおける競争は当然ながら、LTEの効率的なエリア拡充やトラフィック増加への対応といった事業展開上でも、プラチナバンドの利用は必要不可欠」(千本会氏)として、700MHz帯の割り当てを申請することを明らかにした。

イー・アクセスのニュースリリース