PR
Windows&Windows Live担当プレジデントのスティーブン・シノフスキー氏
Windows&Windows Live担当プレジデントのスティーブン・シノフスキー氏
[画像のクリックで拡大表示]
メトロデザインのスタート画面など、操作性の高さをアピールした
メトロデザインのスタート画面など、操作性の高さをアピールした
[画像のクリックで拡大表示]
ARM系CPUを搭載したタブレット端末など、Windows 8が動作している機器を複数紹介した
ARM系CPUを搭載したタブレット端末など、Windows 8が動作している機器を複数紹介した
[画像のクリックで拡大表示]

 米マイクロソフトは2012年2月29日(現地時間)、モバイル関連の展示会「Mobile World Congress 2012」が開催されているスペイン・バルセロナで発表会を開催。次期OS「Windows 8」の一般向けプレビュー版(Consumer Preview)の公開(関連記事)を宣言するとともに、デモンストレーションを披露した。

 発表会には、Windows 8の開発を指揮する同社Windows&Windows Live担当プレジデントのスティーブン・シノフスキー氏が登壇。ステージ上にタブレット端末、ノートパソコン、大画面のデスクトップパソコンなどをずらりと並べて、いずれの機器でもWindows 8が快適に操作できることをアピールした。今回公開した一般向けプレビュー版は、2011年9月に公開した開発者向けプレビュー版(Developer Preview)と比べて、10万点を超える改善を加えているという。

 Windows 8には、「メトロ(Metro)」と呼ばれる新しいユーザーインタフェースが採用されている。デモでは、タイル状にアイコンが並ぶスタート画面が、タッチではもちろん、マウスでも快適に操作できることを訴えた。

 一般向けプレビュー版では、メトロスタイルのアプリケーションを配信する「Windos Store」が利用できる。従来の開発者向けプレビュー版では利用できなかった新機能/サービスだ。このWindows Storeからダウンロードできるアプリケーションとして、2011年末から同社が開催していたアプリコンテストの優秀作品についても紹介した。

 ARM版のWindows 8を搭載したタブレット端末も披露した。ARM版のWindows 8には、オフィスソフトの次期版「Office 15」が付属することが既に明らかにされている。発表会では、ほんの一瞬だが、このARM版Windows 8上でOfficeが動作している様子を初公開した。

 PC Onlineでは、追って発表会の詳細をお伝えする。