PR

 会津若松市は2012年3月2日、LibreOffice導入に当たって発生した問題とその対策、および導入までの経過を公開した。同市はオープンソースのオフィスソフトであるOpenOffice.orgを利用していたが、2012年2月にその派生ソフトであるLibreOfficeに移行した(関連記事)。

 LibreOfficeは、OpenOffice.orgを開発していた米Sun Microsystemsが米Oracleに買収されたことをきっかけに、OpenOffice.org開発メンバーが設立した「Document Foundation」が開発しているオープンソースのオフィスソフト。会津若松市ではLibreOfficeのほうが、ソフトの改良のスピードが高く、Microsoft Officeとの互換性も高いと判断した。

 同市がLibreOffice導入にあたって遭遇した問題と対策の概略は以下のとおり。

  • OpenOffice.orgとLibreOfficeの操作や初期設定の差異(Calcのキーバインディングなど)
    対策:OpenOffice.org Calcと同じ設定にする手順を周知(運用上は、初期設定での使用を推奨)
  • LibreOfficeの起動が極端に遅い(独自に作成したインストールバッチで導入したパソコンの一部ですべての「追加言語パック」が導入されていた)
    対策:Windows操作の自動化ツール(UWSC)を利用し、カスタムインストールを実行するバッチ処理に変更して対応
  • LibreOfficeで外字を表示させる(OpenOffice.orgと同様に外字ファイルの複製が必要)
    対策:バッチ処理をWindowsタスクに登録し自動実行
  • OpenOffice.org Calcで作成したシート内の図形(線)がLibreOffice Calcで開くと位置ずれする
    対策:図形をグループ化しておくとLibreOffice Calcで開いた時のズレが少ない
  •  これらの現象の詳細や対策の手順は、同市のホームページに掲載されている。

    [リブレオフィス導入までの経過](会津若松市)
    [リブレオフィス導入時に発生した事例](会津若松市)