PR
「IdeaPad Z575」(左側面)
「IdeaPad Z575」(左側面)
[画像のクリックで拡大表示]
「IdeaPad Z575」(上面)
「IdeaPad Z575」(上面)
[画像のクリックで拡大表示]
「IdeaPad U400」(正面)
「IdeaPad U400」(正面)
[画像のクリックで拡大表示]
「IdeaPad U400」(右側面)
「IdeaPad U400」(右側面)
[画像のクリックで拡大表示]

 レノボ・ジャパンは、AMDのクアッドコアCPU「A8-3520M」を搭載した15.6型画面の個人向けノートパソコン「IdeaPad Z575」を2012年3月9日発売する。メタリック色の外観とし、価格はオープンで、予想実勢価格は6万5000円前後。

 A8-3520Mは「AMD Radeon HD 6620G」グラフィックスを内蔵し、高解像度の動画再生やJavaScriptを使った動的なWebサイトを快適に閲覧できる。画面解像度は1366×768ドット対応。8GBのメインメモリー、500GBのHDD、DVDスーパーマルチドライブを内蔵。オーディオは「SRS Premium Sound」を備える。

 主な機能として、高速起動が可能な「Lenovo Enhanced Experience 2.0 for Windows 7」、バックアップとリストアをボタン1つで実行できる「OneKey Rescue System」、冷却や静音モードの切り替えなど熱管理をワンタッチで行う「サーマル・マネージメント・システム・ボタン」などを備える。

 OSはWindows 7 Home Premium。バッテリー駆動時間は約4.6時間。本体寸法は幅376×奥行き250×高さ34.5mm、重さ約2.6kg。

 また、アルミきょう体が特徴の高性能ノート「IdeaPad U400」の英語キーボードモデルを3月16日に発売する。直販サイト「レノボ・ショッピング」限定モデルで、販売価格は8万円前後の予定。