PR
写真●高解像ディスプレイ「Retina」を搭載したiPad新機種
写真●高解像ディスプレイ「Retina」を搭載したiPad新機種
[画像のクリックで拡大表示]

 米Appleは現地時間2012年3月7日、タブレット端末「iPad」の新機種を発表した(写真)。9.7インチの高解像ディスプレイ「Retina」を搭載し、OSは最新モバイルプラットフォーム「iOS 5.1」を採用。米国や日本で3月16日に発売する。米国での希望小売価格は499ドルから。すでに予約注文を受け付けている。

 新iPadのディスプレイ解像度は、2011年春に発売された「iPad 2」と比べ4倍の2048×1536ドットで、精細度は264ppi。彩度は44%向上した。CPUは、クアッドコアのグラフィックスを搭載した独自開発の「A5X」で、描画性能を従来より2倍高めた。1080p HDに対応した500万画素の「iSight」カメラを内蔵する。

 Wi-Fi(IEEE 802.11a/b/g/n)とBluetooth 4.0をサポートし、LTE高速通信方式に対応する。米国では米AT&Tと米Verizonが「第4世代(4G)LTE」ネットワークでサービスを提供する。HSPA+、DC-HSDPA、CDMA、GSMもサポートする。テザリング機能「Personal Hotspot」では最大5台のデバイスを接続できる。英語、フランス語、ドイツ語、日本語に対応した音声によるテキスト読み上げおよび書き出し機能も実装する。

 また、マルチタッチ操作に対応した写真編集ツール「iPhoto」が加わるほか、ビデオ編集ツール「iMovie」とデジタル音楽ツール「GarageBand」を強化した。iMovieはHDビデオに対応し、GarageBandは複数のiOSデバイスで無線経由のセッションが行える。プロダクティビティアプリケーション「iWork」もRatinaディスプレイ対応にアップデートした。

 新iPadの本体サイズは高さ241.2mm、幅185.7mm、厚さ9.4mm。重量はWi-Fi接続モデルが652グラム、LTEにも対応したモデルが662グラム。連続バッテリー駆動時間はWi-Fiモデルの場合で最大10時間。

 米国での希望小売価格は、Wi-Fiモデルの場合、ストレージ容量16Gバイトが499ドル、32Gバイトが599ドル、64Gバイトが699ドル。Wi-Fi+LTEモデルはそれぞれ629ドル、729ドル、829ドルとなる。

 新iPadリリースにともない、iPad 2を値下げする。Wi-Fi版16Gバイトモデルを399ドル、第3世代(3G)対応版16Gバイトモデルを529ドルとし、それぞれ100ドル引き下げる。

 iPad向けiPhotoと、iMovieおよびGarageBandの新版は各4.99ドル、iWork新版のアプリケーション「Keynote 1.6」「Pages 1.6」「Numbers 1.6」は各9.99ドルで、「App Store」から購入可能。いずれもスマートフォン「iPhone」にも対応したユニバーサルアプリケーションとして提供する。従来バージョンのユーザーは無償でアップデートできる。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]