PR

 東北総合通信局は2012年3月7日、マスプロ電工から申請のあった実験試験局に対して、同日付けで免許を付与したと発表した。

 東日本大震災において防災行政無線からの情報が屋内などで一部聴取しにくかったという。そこで、この実験試験局を利用して、携帯電話端末でエリアワンセグとエリアメールの連携により映像・音声の情報を配信できるエリアワンセグ災害利用の実証実験を実施する。実験試験局の申請者はマスプロ電工。実験試験エリアは、ドコモ東北ビル構内である。免許の期間は3月7日から3月10日。

[発表資料へ]