PR
音声アシスタント機能「Siri」が日本語に対応した。
音声アシスタント機能「Siri」が日本語に対応した。
[画像のクリックで拡大表示]

 アップルは2012年3月8日、iOSのソフトウェアアップデート「iOS 5.1」を公開した。音声アシスタント機能「Siri」の日本語対応や、いくつかの機能追加、不具合の修正が実施されている。iOS 5を搭載したデバイスなら、「設定」メニューから「一般」を選び、「ソフトウェアアップデート」を選択するだけで、直接更新できる。

 アップデートの対象となる端末は、iPhone 3GS/4/4S、iPad/iPad 2、iPod touch(第3/第4世代)。主立った変更点は以下の通り。

・iPhone 4Sにおいて、Siriが日本語をサポート(サービス開始時には、使用が制限されている場合がある)
・フォトストリームからの写真の削除
・iPhone 4S、iPhone 4、iPhone 3GS、iPod touch(第4世代)のロック画面にカメラのショートカットを常時表示
・カメラの顔検出機能で検出されたすべての人をハイライト
・iPad用のカメラAppを再設計
・iTunes Match登録者用のGenius MixとGeniusプレイリスト
・iPadのテレビ番組と映画のオーディオがより大きく明瞭に聴こえるよう最適化
・再生速度の変更と30秒の巻き戻しが可能なiPad用のPodcastコントロール
・KDDI登録者向けのFaceTimeおよびiMessageのサポートを追加
・バッテリーの寿命に影響するバグを解決
・発信側の音声が途切れることがある問題を修正