PR

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は2012年3月7日、PlayStation Vita(一部のAndroid端末も含む)で稼働するゲームやアプリケーションを作成できる開発ツールキット「PlayStation Suite SDK(以下、PS Suite SDK)」のベータ版を2012年4月から、正式版を2012年後半から提供すると発表した。

 PS Suite SDKには、ゲームやアプリケーションの開発に必要な統合開発環境(IDE)だけではなく、API(Application Programming Interface)やUI部品、PlayStation Vitaのシミュレータなども含まれている。開発に利用するプログラミング言語はC#で、OSはWindows XP/7に対応する。

 SCEでは、昨年11月から日本と米国、英国において「クローズドベータテスト(Closed Beta Test)」という位置づけでPS Suite SDKを公開し、限定した開発者からのフィードバックを得ていた。さらなるテストを行うため、2012年4月にはクローズドベータテストの結果を反映して、IDEの使い勝手などを向上させたオープンベータ版のPS Suite SDKを提供する。オープンベータ版のテストでは、利用人数を増やし、利用できる国を増やす予定だ。

 また、オープンベータ版で開発したゲームは、シミュレータだけではなくPlayStation Vitaの実機でも検証することができ、2012年後半に提供予定の正式版にも引き継げる。正式版では、作成したゲームなどをインターネット上のPlayStation Storeで世界中に向けて販売することも可能だ。

 PS Suite SDKのオープンベータ版および正式版は、特設サイトから情報を取得できる。PS Suite SDKを利用するには、特設サイトからSCEが提供するライセンスプログラム「Developer Program for PlayStation Suite」への参加が必要になる。注意点として、上記の特設サイトは現段階でオープンしているが、詳細についての情報開示は2012年4月以降になる。メールアドレスの登録は可能。また、オープンベータ版は無償で利用できるが、正式版は1年当たり99米ドルの利用料がかかる予定だ。

■変更履歴
公開当初は最後の段落で「メールアドレスの登録などの対応は2012年4月以降」としていましたが、メールアドレスはすでに登録可能です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2012/03/12 14:15]