PR

 米Apple、米Microsoft、米EMC、スウェーデンEricsson、カナダResearch In Motion(RIM)、ソニーが手を組んだ企業連合Rockstarは現地時間2012年3月12日、経営破綻したカナダNortel Networksの特許の獲得について正式に米司法省(DOJ)の承認を得たことを明らかにした。

 同連合は2011年6月に、Nortelの特許オークションで大量の特許ポートフォリオを45億ドルで落札した(関連記事:Nortelの特許競売でAppleやMicrosoftなど6社連合が落札、Google破れる)。今回DOJによる査察期間が終了したことで、同連合は獲得した特許に関する他社とのライセンス契約に向けて戦略を進めることができる。

 同連合によると、特許ポートフォリオは、ネットワーキング、通信、インターネット技術に関する約4000件の特許が含まれる。元Nortel最高知的財産責任者でRockstar最高経営責任者(CEO)を務めるJohn Veschi氏は、「業界全体がネットワーク技術の草分け的存在であるNortelの革新から恩恵を受けており、これら技術の継続した使用を可能にするためのライセンス確立に注力したい」と述べている。

 DOJは譲渡された知的財産が競合会社に対する攻撃手段として不正使用されることなどを懸念していたが、AppleとMicrosoftから標準必須特許を特許訴訟に使用しないという明確な約束を得たため、2月13日にNortel特許買収が市場競争を大幅に弱める可能性は低いとの判断を示した。同時に、米Googleによる米Motorola Mobility Holdingsの買収、Appleによる米Novellの特定特許資産の買収についても承認した(関連記事:米司法省と欧州委員会、GoogleのMotorola Mobility買収を承認)。

[発表資料(PDF文書)]