PR
写真1●マネー管理アプリ「Zaim」のホーム画面(Android版)
写真1●マネー管理アプリ「Zaim」のホーム画面(Android版)
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhoneで人気の家計簿アプリ「Zaim」に2012年3月15日、Android版が登場した。開発元はWebサービスなどを手掛けるエンジニアのユニット「tinymonks」(代表は閑歳孝子氏)。公式マーケットのGoogle Play(旧Android Market)で本日からダウンロードできる。料金はiPhone版と同様に無料である。

 Zaimは日々の支出状況をスマートフォン上で手軽に記録していくためのアプリケーション。買い物情報をTwitterやFacebookでつぶやくといった、ソーシャルサービスとの連携機能を備えたのが特徴である。また外部サービスとつなぐための独自API(アプリケーション・プログラミング・インタフェース)も用意している。このAPIを利用しているサービスにはNTTコミュニケーションズのネット家計簿サービス「OCN家計簿」などがある。同サービスとZaimを利用すれば「Zaimに記録した情報をOCN家計簿に取り込んで、他のオンライン明細と一括管理する」といった使い方が可能だ。

 さらに今回のリリースに伴い本日からZaimに、クラウド型のメモ管理サービス「Evernote」との連携機能が追加された。iPhoneアプリとAndroidアプリのどちらでも利用できる。ユーザーがZaimに支出データを入力すると、自動的にタグ付けしてEvernote側に反映するようになる。