PR
A4サイズのツインリングノート(左)と見開きでA4サイズになるA5ノート(右上)
A4サイズのツインリングノート(左)と見開きでA4サイズになるA5ノート(右上)
[画像のクリックで拡大表示]

 コクヨS&Tは2012年3月14日、スマートフォンのアプリケーションで手書きメモをデジタル化できるノート「CamiApp」シリーズにA4ヨコ型タイプなどを追加した。A4サイズのツインリングノートが840円、見開きでA4サイズになるA5ノートが241円。

 iPhoneやAndroid端末で専用アプリを起動し、CamiAppのノートに書いた内容をカメラで撮影することで、手書きの内容をデジタル化して保存できる。ノートの表紙の黒い枠や、ページ四隅に書かれたマークを読み取ることで、画像の傾きを補正し、画面上で見やすい形に保存する仕組みとなっている。ページの端に書かれたマークを塗りつぶすことで、取り込んだメモの内容を示すタグを付けるアクションマーカー機能もある。アプリの料金は無料。

 従来は縦型の製品を販売してきたが、A4ヨコ型サイズの紙に書きたいという要望が多かった。プレゼンテーションのスライドの下書きとして使う、横方向に仕事の流れ図を書く、といった用途があるという。

 このほか大学生のニーズが多いルーズリーフも発売する。こちらはB5サイズで70枚が357円。