PR
英NDS Groupのホームページ
英NDS Groupのホームページ
[画像のクリックで拡大表示]

 米Cisco Systemsは現地時間2012年3月15日、テレビ事業者向けビデオ配信ソフトウエアベンダーの英NDS Groupを約50億ドルで買収する計画を明らかにした。これによりサービスプロバイダーおよびメディア企業向けビデオ配信システム事業の拡充を図る。

 NDSを買収することで、Ciscoは動画配信の統合プラットフォーム「Videoscape」を強化し、サービスプロバイダー向け市場でのさらなる事業機会獲得と、中国やインドなど新興市場における地歩拡大を目指す。

 Ciscoが支払う約50億ドルには、NDSの負債と人材引き留めに関する費用も含まれる。すでに両社の取締役会は買収計画を承認しており、2012年後半には手続きを完了する見込み。

 買収完了後は、NDSの英国、イスラエル、フランス、インド、中国拠点および従業員約5000人は、Ciscoのサービスプロバイダー向けビデオ技術グループ(SPVTG:Service Provider Video Technology Group)に統合される。NDS執行会長のAbe Peled氏は、SPVTGが属するビデオおよびコラボレーショングループの上級バイスプレジデント兼チーフストラテジストに就任する。

 複数の米メディアの報道(Wall Street JournalNew York Times)によると、NDSは2009年にプライベートエクイティの英Permira Advisersと米News Corporationが36億ドルで買収した。現在の負債は約10億ドルという。

[発表資料へ]