PR

 日本IBMは2012年3月19日、MDM(モバイルデバイス管理)ソフトウエア「IBM Endpoint Manager for Mobile Devices V8.2」を発売した。サーバー1台で、iOS、Android、Windows PhoneなどのOSを搭載するモバイル端末を最大25万台まで管理できるのが特徴。

 IBM Endpoint Manager for Mobile Devicesでは、データ暗号化やVPN接続、紛失時の端末のデータ消去などの機能を備える。そのほか、企業のセキュリティポリシーに端末が準拠しているかを識別できる。

 サーバーやPCの管理ソフト「IBM Tivoli Endpoint Manager」を導入しているユーザーは、モバイル端末まで含めて一画面でまとめて管理できる。MDMソフト単体でも導入できる。

 価格は、管理する端末1台あたり8660円。管理ソフトとモバイル端末にインストールするソフトを合わせて提供する。パッケージだけでなく、パートナー経由で販売する中堅・中小企業向けには、SaaS形態での提供も計画している。