PR
ゲーム使用中のiPad 2および新型iPadに対し、サーモグラフィカメラが計測した温度。iPad 2より新型iPadのほうが華氏で13度(摂氏の場合は約7度)高い。
ゲーム使用中のiPad 2および新型iPadに対し、サーモグラフィカメラが計測した温度。iPad 2より新型iPadのほうが華氏で13度(摂氏の場合は約7度)高い。
[画像のクリックで拡大表示]

 米国の消費者団体が発行するConsumer Reports誌は、米Appleが発売したばかりの新しい「iPad」を調査した結果、華氏116度(摂氏約47度)まで上昇することが分かったと、現地時間2012年3月20日に発表した。アクションゲームなどを行う場合、新iPadは従来機種「iPad 2」と比べ最大13度(摂氏の場合は約7度)熱くなる可能性がある。

 Consumer Reportsは、新iPadで高い演算能力を必要とするゲームやダウンロードなどを実行していると本体が過熱するとの苦情があがっているのを受けて、テストを実施した。テストでは、新iPadに純正カバー「iPad Smart Cover」を取り付け、電源を接続し、ビデオゲーム「Infinity Blade II」を約45分間連続で使用した。室温は華氏約72度(摂氏約22度)。LTE通信はオフに、Wi-Fi通信はオンにしていた。

 Consumer Reportsによると、この環境でゲーム使用中に、サーモグラフィカメラが新iPadの前面および背面で華氏116度を計測した。電源を接続していない状態では、華氏113度(摂氏約45度)まで上昇した。なおConsumer Reportsは、「短時間持つのであれば、温かいとは感じるが、不快なほど熱いわけではない」と報告している。

 新iPadは、「Retina」ディスプレイ採用でiPad 2より解像度が4倍高く、クアッドコアのグラフィックスを搭載した「A5X」プロセッサにより高速描画を実現する。米国や日本などで3月16日に発売され、3月19日時点の販売台数が300万台を突破した(Appleのプレスリリース)。

[発表資料へ]