PR

 NTTPCコミュニケーションズは2012年3月22日、法人向けのIP-VPNサービス「Master'sONE セキュア・インターネットVPN-HighSpeed」を発表した。アクセス回線にNTT東日本/NTT西日本の「フレッツ 光ネクスト」(NGN)を使用。NGN上で提供されるIPv6(IPv6 IPoE)接続機能を利用して、NGNとIPv6で相互接続したNTTPCの閉域網「Master'sONE」につなぎ込む。この構成により、同サービスのIPv4で接続する品目よりも高速な通信を実現したという。また従来のサービス品目に比べ、7倍程度の帯域設計にしている。

 利用企業のLANは、IPv4で通信する。IPv6を使うのは伝送経路の一部で、「利用企業の拠点に設置したサービス用レンタルルーター」と「Master'sONEのNGNへの出入り口にあるゲートウエイ装置」の間である。この区間にIPsecのトンネルを張り、その中にIPv4のパケットを通す。ゲートウエイ装置でIPv6とIPv4を変換し、ここよりMaster'sONE側はIPv4で通信する。

 サービス仕様は、IPv6 IPoE接続の提供内容に合ったものとしている。IPv6 IPoEはNGNを介したIPv6インターネット接続に用いられるが、このサービスではNGNとIPv6インターネットの間で通信ができないようにしてある。また、IPv6 IPoEでは割り当てられるIPアドレスが“半固定”である点にも対応。「アドレスが変わったことを検知して、ゲートウエイ装置およびレンタルルーターの設定を遠隔から変更する」という処理を自動的に実行し、接続できなくなる事態を回避する。

 このサービスはレンタルルーターを用い、アクセス回線の手配も実施する“一元提供、一元保守”の形で提供する。料金の一例は、アクセス回線に「フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ」を使う場合で月額2万6565円。価格はIPv6接続込みのフレッツ 光ネクストとMaster'sONEの利用料、およびレンタルルーター代を含む。この場合の初期費用は9万9750円。NTTPCのネットワークとフレッツ 光ネクスト、レンタルルーターを含む部分に稼働率99.99%のSLAを設けている。

 5月7日からサービス受け付けを開始し、6月25日から順次サービス提供を始める。それに先駆け3月22日に、3拠点まで利用できるトライアルを開始した。トライアルでは、フレッツ 光ネクストの料金だけ必要となる。NTTPCでは今後、高機能ルーター(オプション)やLTEを使った高速バックアップ機能などの提供を予定している。