PR

 米Yahoo!は現地時間2012年3月25日、新たに3人の取締役を指名したと発表した。4月5日付けで就任する。

 指名されたのは、米American Express執行副社長兼最高マーケティング責任者(CMO)のJohn D. Hayes氏、米Discovery Communicationsの元最高執行責任者(COO)で米Fox Broadcasting Networkエンターテインメント部門社長兼会長を務めた経験を持つPeter Liguori氏、米InterActiveCorp(IAC)の元最高財務責任者(CFO)であるThomas J. McInerney氏。

 Yahoo!取締役会の指名および統治制度委員会で議長を務めるPatti Hart氏は、3人を選んだ理由として、いずれもメディア、広告、マーケティングのほか、企業金融と再編を含む財務分野において功績を残し、さらに顧客の視点に対する洞察力があることを挙げ、「Yahoo!がこの先勢いを増すために、まさに必要な要素の強力な組み合わせを当社にもたらしてくれる」と述べた。

 Yahoo!は2012年2月に、取締役会会長のRoy Bostock氏を含む4人の取締役の退任と、2人の新取締役の指名を発表し(関連記事:Yahoo!、Bostock会長と3人の取締役が退任へ)、残る空席について人選を検討していた。

 取締役会のメンバー選出を巡っては、Yahoo!の大株主である米Third Pointの設立者兼最高経営責任者(CEO)を務めるDaniel Loeb氏が自身を含む4人の候補者を擁立していた。しかしYahoo!はLoeb氏の提案を採用せず上記の3人を選出し、「Loeb氏を指名することはYahoo!および株主にとって最大の利益にはならない」との見解を示した。

 Third Pointは今回のYahoo!の発表を受け、「失望した」との声明を同日発表している。「機能障害に陥った取締役会を修復するために適任の候補者を提案した」がこれを拒否されたとし、委任状争奪戦に向けて行動を起こす姿勢を明らかにした。

[発表資料(Yahoo!のプレスリリース)]
[発表資料(Third Pointのプレスリリース)]