PR

 電子機器・部品の市場調査会社、米IHS iSuppliが現地時間2012年3月26日に公表した世界半導体市場調査によると、2011年の1年間における米Intelの半導体売上高は487億2100万ドルとなり、市場シェアは15.6%に達した。15.6%は前年と比べ2.5ポイント増という数値で、Intelのシェアは過去十数年間で最高を記録した。

 IHS iSuppliは、パソコン向け半導体に加え、消費者向け電子機器や無線機器に使われるNAND型フラッシュメモリーの需要が高まったことがIntelのシェア拡大につながったと見ている。またIntelは同年第1四半期にドイツInfineon Technologiesの無線事業部門の買収を完了しており、このことも売り上げの押し上げ要因となった。

 Intelの売上高シェアは、2001年に14.9%を記録した後、過去5年間は11.9%~13.9%で推移していた。一方、2000年にわずか3.9%だった韓国Samsung Electronicsのシェアは2010年に9.2%に達し、Intelとの差を縮めていた。ただし2011年におけるSamsungの売上高は前年比0.6%増と微増だったため、シェアは前年と同じ9.2%にとどまった。

 Intel、Samsungに次いで売上高規模が大きかったのは、米Texas Instrumentsでシェアは4.5%。この後、東芝(同4.1%)、ルネサスエレクトロニクス(同3.4%)、米Qualcomm(同3.3%)などが続いた。

 2011年における世界半導体市場全体の売上高は3113億6000万ドルで、前年比1.3%増。同社の事前予測値、1.9%増を下回った。第4四半期の売上高が前期比で5.9%減少しており、年間の成長率を低下させたとIHS iSuppliは分析している。

[発表資料へ]