PR

 米Twitterは現地時間2012年3月26日、小規模企業向け広告プログラムの開始を発表した。当初は米American Expressに加盟している一部の小規模企業に限定して提供する。今後数週間で対象を拡大する。Twitterは同プログラムを始めるにあたり、2月にAmerican Expressと提携を結んだ。

 小規模企業はTwitterの広告商品「Promoted Tweets」「Promoted Accounts」を利用して、事業機会を広げることが可能になる。Promoted Tweetsは広告主が作成したツイート(つぶやき)を通常のツイートと同様にユーザーのタイムラインに表示する。Promoted Accountsは、ユーザーにフォローを促す「Who to Follow(おすすめユーザー)」リストに広告主のアカウントを表示する。これらはWeb版とモバイル版に反映される。

 Promoted Accountsを通じてフォロワーが付いた場合やPromoted Tweetsにユーザーが反応した場合に、フォロワー1人ごとに、あるいはクリックやリツイート、返信、お気に入り登録などの行動1件ごとに広告料が課金される。1日あたりの支出上限などをあらかじめ設定することが可能。

 またTwitterは、小規模企業が同社の広告商品を効果的に利用するためのガイド「Guide for Small Business」も提供している。Webサイトを通じてダウンロードできる。

[発表資料へ]