PR

 欧州連合(EU)の欧州委員会(EC)は現地時間2012年3月28日、欧州サイバー犯罪対策センターの設立を提案したことを明らかにした。オランダのハーグに本部を置いている欧州刑事警察機構(Europol)内に設置し、2013年1月の稼働開始を見込む。

 同センターは、増加する脅威から欧州市民および企業を保護することを目的とする。クレジットカードや銀行情報を不正に利用したオンライン詐欺など、犯罪組織に巨額の利益をもたらす違法オンライン活動の撲滅に焦点を当てる。

 オンラインの児童虐待につながるサイバー犯罪や、EUにおける重要なインフラおよび情報システムを狙ったサイバー攻撃の対策にも重点を置く。

 また同センターはEU加盟国に対し、重大なサイバー犯罪の発生を警告し、オンライン保護対策の欠陥を指摘するほか、捜査の際には共同捜査チームを結成するなどして支援する。

[発表資料へ]