PR

 企業向けコラボレーションソフトウエアを手がける米Boxは現地時間2012年3月28日、新たなクラウドサービス「Box OneCloud」を発表した。企業はビジネスコンテンツをクラウド上に集約し、さまざまなモバイルデバイスおよびアプリケーションによる効率的な活用と管理を実現できる。

 Box OneCloudでは米Quickofficeのオフィススイート「Quickoffice」、米Adobe Systemsの電子署名アプリケーション「EchoSign」、米Nuanceのタブレット端末向けノート「PaperPort Notes」、ReaddleのPDFリーダー「PDF Expert」をはじめとする30以上の生産性向上モバイルアプリケーションを用意する。ユーザーはさまざまなアプリケーションを使って、モバイルデバイスから安全かつ手軽にコンテンツを検索、作成、編集、共有することができる。

 Box OneCloudは開発者向けツールも備えており、開発者はBox OneCloudのファイル管理機能と連携したモバイルアプリケーションを、より簡単に構築できる。

 当初は米Appleのモバイルプラットフォーム「iOS」を搭載したデバイスから利用可能。米Googleの「Android」やその他のモバイルプラットフォームへのサポートも予定している。

[発表資料へ]