PR
写真1●標準では黒のリストバンドが付属。別売で5色のリストバンドを用意する
写真1●標準では黒のリストバンドが付属。別売で5色のリストバンドを用意する
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●SmartWatch MN2とXperia acro HDを並べたところ
写真2●SmartWatch MN2とXperia acro HDを並べたところ
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーモバイルコミュニケーションズは2012年4月3日、約1.3インチのタッチパネル対応有機ELディスプレイを搭載した腕時計型端末「SmartWatch MN2」を10日から発売すると発表した(写真1)。SmartWatch MN2はBluetoothを介して、同社のスマートフォン「Xperiaシリーズ」と連携できるのが特徴(写真2)。XperiaシリーズはAndroid 2.3以降を搭載する機種(Sony Ericsson mini S51SEを除く)が対象となる。

 連携の内容は(1)TwitterでフォローしているユーザーのツイートやダイレクトメッセージなどをSmartWatchで表示、(2)Facebookの「友達」のメッセージなどの表示や「いいね」の発信、(3)電子メールの受信通知、内容確認、(4)SMSの受信通知と内容確認および送信者に対して事前に登録したメッセージによる返信、(5)Xperiaの着信通知、(6)不在着信の通知および折り返しの発信、(7)Xperiaの電話帳の番号表示、(8)Xperiaの「ミュージックプレーヤー」の操作、など。時計やカレンダー、天気表示といった機能も備える。

 また、アプリ開発者向けにはSmartWatchアプリ開発用SDKが提供される。例えばXperiaで撮影した写真をSmartWatchへ転送するアプリなどを開発できる(関連記事:Xperiaの最新アクセサリー「SmartWatch」のアプリ開発を体験)。ユーザーは「Google Play」から対応アプリケーションをダウンロードして、SmartWatchの機能を拡張できる。

 外形寸法は、約36mm×約36mm×約8mm、重量は約15.5g。オンラインストア「Sony Ericsson Store」でのみ9480円で販売する。なお、「Xperia NX」および「Xperia acro HD」を購入したユーザーの場合は、Sony Ericsson StoreにXperia NXやXperia acro HDからアクセスすることで、6980円で購入できるキャンペーンを5月31日の午後3時まで実施する。