PR

 米Microsoftは現地時間2012年4月9日、第4世代(4G)と呼ばれる高速通信LTE(Long Term Evolution)ネットワークに対応した「Windows Phone」搭載スマートフォンの発売を発表した。米AT&Tが、Windows Phone端末では初のLTE対応となるフィンランドNokiaの「Nokia Lumia 900」と台湾HTCの「HTC Titan II」の販売を開始した。いずれも「Windows Phone 7.5」(開発コード名「Mango」)を採用する。
 
 Lumia 900は、4.3インチのAMOLEDディスプレイ(解像度は480×800)を搭載し、動作周波数1.4GHzの「Snapdragon」プロセッサを内蔵する。800万画素のメインカメラと100万画素のフロントカメラを備える。外形寸法は高さ5.0インチ(約127mm)、幅2.7インチ(約68mm)、厚さ0.45インチ(約11mm)で重量は5.64オンス(約160g)。2年契約を結んだ場合の販売価格は99.99ドル。ブルーとブラックの2色をそろえており、4月22日にホワイトを追加する。

 HTC Titan IIは、4.7インチの液晶ディスプレイ(解像度は480×800)を搭載する。高度なカメラ機能を特徴とし、1600万画素のメインカメラには裏面照射センサーを採用している。フロント部分には130万画素のカメラを搭載する。CPUは動作周波数1.5GHzの「Snapdragon S2」プロセッサ。外形寸法は高さ5.12インチ(約130mm)、幅2.76インチ(約70mm)、厚さ0.39インチ(約10mm)で、重量は5.2オンス(約150g)。カラーはブルーグレイのみ。2年契約を結んだ場合の販売価格199.99ドル。

 米メディアの報道(CNET)によると、両機種の正式な発売日は4月8日で、イースターの祝日にあたったこともありほとんどの店が閉まっていたため静かな出だしとなった。しかし米Amazon.comのECサイトではLumia 900が売れ筋製品のトップに上がっている。また同メディアの別の記事によると、AT&TはLumia 900のプロモーションに1億5000万ドルを投じる予定だという。

[発表資料へ]