PR

 ジャパンケーブルネット(JCN)は2012年4月11日、パソコンなどの販売や、販売したパソコンを対象にした接続設定サポート・アフターフォローサービスの提供を同日に開始すると発表した。JCNは首都圏を中心にケーブルテレビ18局を運営・統括する企業である。

 今回対象となるパソコンは富士通製のノートパソコンの「LIFEBOOK A561/DX」で、3万9690円で販売する。市場の変化にあわせて、機種を変更していく。無線LANルーターおよび無線LAN子機のセット、ワープロ・表計算・プレゼンテーションのソフトもオプションで提供する。

 購入者に対しては、パソコンのセットアップやインターネットの接続設定、セキュリティソフトのインストール、さらにインターネット起動・メール送受信方法などを無料で提供する。無線LANの設定などは有償で提供する。

 JCNによると、「初めてインターネットを利用するため不安がある」「パソコン買い替えや接続設定の時間が取れない」といった声がユーザーの間であったという。今回のサービスは、新規でJCNサービスに申し込んだユーザーと、既にJCNサービスを利用するユーザーの両方を対象とする。

[発表資料へ]