PR
写真●平井一夫代表執行役社長兼CEO(最高経営責任者)
写真●平井一夫代表執行役社長兼CEO(最高経営責任者)
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは2012年4月12日、都内で経営方針説明会を開いた。その中で2013年3月期に約1万人を削減すると正式に発表した。併せて構造改革費用として約750億円を計上する。ソニーは2015年3月期にグループで売上高8兆5000億円、営業利益率5%以上を目指す。

 8期連続の赤字に沈むテレビ事業については、2014年3月期の黒字化を改めて強調した。韓国サムスン電子との液晶パネルの合弁解消によるパネル調達コストの削減などで固定的費用を6割削減する計画。さらにモデル数を絞り込んだり、サプライチェーンを見直したりしてオペレーションコストを3割減らす見通しを立てる。テレビを含むエレクトロニクス事業は2015年3月期に売上高6兆円、営業利益率5%を目標にする。

 会見に臨んだ平井一夫 代表執行役社長兼CEO(最高経営責任者)は「最優先課題であるエレクトロニクス事業の立て直しに奇策はない。現実を直視し、ソニーが抱えている様々な問題を解決するための計画を確実にスピーディーに実行していく」と話した(写真)。テレビ事業での他社との提携の可能性については「様々な可能性を検討している」(平井社長)と述べるにとどめた。