PR

 日本放送協会(NHK)は2012年4月13日、番組間や放送局間の音量差を解消するため、2013年度の番組よりラウドネスによる音声レベル管理を導入すると発表した。

 従来、音の大きさを調整・監視するために使っていた“VU(Volume Unit)メーター”に換えて、ITU-R(国際電気通信連合 無線通信部門)の勧告に準拠した“ラウドネスメーター”を導入する。これを基に音声レベルを適正に管理して、聞きやすい音声で番組制作を行う。

 VUメーターでは、音の高さなど音声信号の特性によっては、メーターの振れと人が感じる音の大きさとが一致しない場合があった。このため一部の番組では、「番組間の音量差やチャンネル間の音量差に関してご意見をいただくこともあった」という。

[発表資料へ]