PR
写真●独SAP グローバルモバイルセールス&ソリューション担当エグゼクティブバイスプレジデントのChris McClain氏
写真●独SAP グローバルモバイルセールス&ソリューション担当エグゼクティブバイスプレジデントのChris McClain氏
[画像のクリックで拡大表示]

 SAPジャパンは2012年4月18日、同社のモバイル戦略について説明会を開催した。独SAP グローバルモバイルセールス&ソリューション担当エグゼクティブバイスプレジデントのChris McClain氏は、「SAPのモバイルポートフォリオは、基盤、買収、パートナーシップで成り立っている」と話す。

 McClain氏の言う基盤とは、SAPが提供するアプリケーション開発のためのモバイルプラットフォームと、デバイス管理やセキュリティ確保のための「SAP Afaria」、そしてモバイル向けメッセージングインフラの「Sybase 365」を指す。これにより開発者は、「ビジネス向けアプリケーションもコンシューマー向けアプリケーションも、SAPのモバイルプラットフォーム上で開発できる」とMcClain氏は説明する。

 買収においては、独SAPが4月10日に発表した米Sycloの買収が一例だ。Sycloは、電気、石油ガス、ライフサイエンス、製造業などさまざまな業界に向けてモバイルソリューションを提供する企業。McClain氏は、「(Sycloは)エンタープライズ資産管理やフィールドサービスといった業務アプリケーションに強い。この分野でSAPが提供できるアプリケーション領域を拡大するためにSycloの買収を決めた」と述べる。

 一方、パートナーシップにおいてSAPは、Syclo買収と同日の4月10日に、米Adobe Systems、米Appcelerator、米Senchaの3社との協業を発表している。AdobeはWebアプリケーションランタイム環境の「PhoneGap」を、AppceleratorはEclipseベースの統合開発環境、ソフトウエア開発キットおよびコネクターライブラリである「Titanium Development Platform」を、SenchaはHTML5モバイルアプリケーション向けフレームワークの「Sencha Touch」を展開している。SAPはこの3社にモバイルアプリケーション開発フレームワークを提供することで、SAPのプラットフォームを活用する開発者の増加をねらう。

 「ITのコンシューマライゼーションが進んでおり、IT部門はプレッシャーをかけられている。iPhoneのすばらしいアプリケーションを見た企業ユーザーが、企業内でもこのようなアプリケーションを使いたいと主張するからだ」とMcClain氏。コンシューマライゼーションの流れの中でもSAPは、前述の「基盤」「買収」「パートナーシップ」によってモバイル開発のための環境を充実させ、開発者がユーザーのニーズを満たすアプリケーションを開発できるようにするという。