PR
迷惑メール(スパム)送信国ワースト10(トレンドマイクロの情報から引用)
迷惑メール(スパム)送信国ワースト10(トレンドマイクロの情報から引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 トレンドマイクロは2012年4月18日、2012年第1四半期(2012年1月~3月)のセキュリティ動向を公表した。不正なAndroidアプリや持続的標的型攻撃(APT)が多数確認されたという。

 同社では、2012年1月から3月までの3カ月間に、不正なAndroidアプリおよそ5000種類を新たに確認した。不正アプリをインストールすると、個人情報を盗まれたり、有料サービスを勝手に使われたりする。

 不正アプリは、実在するゲームやユーティリティなどに見せかけて配布される。有名アプリの海賊版などに混入されて配布されることもある。

 日本やインドの企業や組織に対して、継続的に攻撃を仕掛けるAPTも確認しているという。2011年6月以降、継続的に90件以上の攻撃が行われている。APTは1回限りの攻撃ではなく、継続した「作戦活動(キャンペーン)」だと考えるべきだとしている。

 攻撃では、メールに添付したマルウエア(不正なファイル)が使われる。マルウエアは、OfficeやAdobe Readerなどの脆弱性を悪用。脆弱性のあるソフトを使っている環境では、添付された文書ファイルを開くだけで、マルウエアに感染する。

 SNSを悪用した攻撃も盛んだという。FacebookやTwitter、写真共有サービス「Pinterest」などを悪用した詐欺やマルウエアの配布が相次いでいる。

 トレンドマイクロでは、迷惑メール(スパム)の現状も報告している。迷惑メールを最も多く送信している国はインドで、全体の20%を占めたという(図)。次いで、インドネシア(13%)、韓国(12%)、ロシア(10%)からの迷惑メールが多かった。