PR

 ブルーコートシステムズは2012年4月19日、BYOD(Bring Your Own Devices、私物デバイス活用)におけるデバイスの保護やポリシー管理を社内端末と一元化するソリューション「ユニファイドWebセキュリティソリューション」を発表した。同社のWebゲートウエイアプライアンスとSaaS型のセキュリティサービスの管理機能をSaaS側に統合し、社内端末や私物端末など、従業員が利用するすべての通信デバイスをIT管理者がコントロールできる仕組みを提供する。

 ユニファイドWebセキュリティソリューションは、同社が提供済みのWebゲートウエイアプライアンス製品に対して、BYOD向けのセキュリティ機能を付加するもの。社内ネットワークを保護するアプライアンスと、モバイル端末を保護するSaaS型のセキュリティサービスの管理機能をSaaS側に統合することで、社内端末と個人所有端末を含むモバイル端末の両方に対して、統合的なWeb保護機能、セキュリティポリシー管理、レポーティング機能を提供する。

 ソリューションを構成するアプライアンスとSaaSのWebセキュリティ機能は、いずれも同社のクラウド型のセキュリティプラットフォーム「WebPulse」をベースとしている。「WebPulseは、サイバー犯罪者が攻撃に利用するインフラ(マルウエア配信ネットワーク)自体を特定し、ブロックする。一度攻撃されたインフラは、ドメインを変更するなどして次の攻撃に再利用される場合が多い。WebPulsにより攻撃のソースとなるインフラをブロックするため、多くのサイバー攻撃が開始される前に防御することができる」(米Blue Coat Systems Webセキュリティソリューション担当シニアディレクタのサシ・マーシー氏)。

 私物端末のポリシー管理の仕組みについて、同社 システムエンジニアの水品巧氏は、「iOSの場合は、VPNクライアントによるSaaS経由のネットワークアクセスを義務付けるという運用を想定している。Androidの仕様は未定だが、iOSと同様の仕組みを採用する予定だ」と説明した。

 なお、SaaS型セキュリティサービスは国内ではまだ提供されておらず、リリース時期は未定。同ソリューションを国内で利用できるのはSaaSのリリース後になる。

■変更履歴
社名を「ブルーコートシステム」としていましたが、「ブルーコートシステムズ」です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2012/4/19 16:30]