PR

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2012年4月20日、3次元シミュレーションで構造物への津波被害を評価するサービスを開始した。従来の2次元平面の津波シミュレーションに、同社が開発した3次元流体解析ソフトウエア「FINAS/CFD」を組み合わせることで、津波の規模によって構造物へかかる圧力がどのように変化するかを求められる。

 2次元平面の津波解析モデルでは、津波の高さから波力を計算し、沿岸地域の浸水域を評価する。しかし、このモデルは水面に対して垂直方向の流速を平均化するため、構造物への影響を評価する目的には適していない。

 一方、今回発表したサービスでは3次元での流体解析により構造物にかかる圧力の変化を計算、構成材料や構造を加味した解析を行うことで、構造物への被害を評価できる。

 3次元解析に当たっては、2次元平面の津波解析シミュレーションを1m以下のメッシュまで細分化している。財団法人計算科学振興財団のスーパーコンピュータ「FOCUSスパコンシステム」を利用することで、広域な沿岸地域を数百万から数千万に細分化して解析することを可能にした。

 今回のサービスを、湾岸に立地する石油プラントや化学薬品施設などの工場を中心に営業展開していき、今後3年間で5億円の売り上げを目指す。