PR
写真1●NTTドコモの山田隆持社長
写真1●NTTドコモの山田隆持社長
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●ドコモが目指すのは左側のネットワークに付加価値を持たせた「ネットワーククラウド」モデルである。その一方で、右側は「iPhoneのモデル」とし、ネットワークを“土管化”すると語る
写真2●ドコモが目指すのは左側のネットワークに付加価値を持たせた「ネットワーククラウド」モデルである。その一方で、右側は「iPhoneのモデル」とし、ネットワークを“土管化”すると語る
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモの山田隆持社長(写真1)は2012年4月27日、同社の決算会見後の囲み取材にて、長く噂される同社による米アップルのiPhoneの取り扱い(関連記事1関連記事2関連記事3)について「現状だとなかなか厳しい」という認識を示した。

 山田社長が強調するドコモの基本戦略は、ネットワークに付加価値を付けるモデルである。それに対してiPhoneは通信事業者のネットワークを“土管化”するモデル(写真2)。「iPhoneはドコモが目指すモデルとは相反する。メニューを追加することも難しい。スマートフォンの半分以上は、我々が自由にできるAndroidをベースにしていくのがドコモの大前提」と山田社長は話す。

 仮にiPhoneを取り扱うとなると、「アップルからボリュームコミットメントを求められるはず。ここで販売台数の半分以上をiPhoneにと言われると、ドコモの基本戦略には合致しない。現状ではドコモがiPhoneを取り扱うのはなかなか厳しい状況」(山田社長)とした。