PR

 オンラインメモサービスの米Evernoteは現地時間2012年5月7日、手書きアプリケーション「Penultimate」を買収したと発表した。これによりEvernoteは長い間取り組んでいる手書き認識技術の強化を図る。

 Penultimateは、米Appleのタブレット端末「iPad」向けに2年前より米Cocoa Box Designから提供されているアプリケーションで、有料iPadアプリケーションでは歴代販売4位の人気を誇るという。実際の手帳やノートと同様の操作感で、メモやスケッチを手軽に書きとめられる。紙の種類、インクの色、線の太さを選択でき、書いたノートはページごとに、あるいはノート全体を送信することが可能。またEvernoteやストレージサービス「Dropbox」に直接保存して、管理および整理できる。

 Penultimateは今後も個別のアプリケーションとして提供を続け、Evernoteとの連携を向上するほか、iPad以外のデバイスへの対応も予定している。Penultimateは現在、Appleのモバイルアプリケーション配信/販売ストア「App Store」を通じて0.99ドルで購入可能。

 またPenultimateの作者であるBen Zotto氏は、Evernoteの製品およびプラットフォームにおける手書き機能やデジタルインク機能の統合で中心的役割を担う。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]