PR

 英ソニーモバイルコミュニケーションズは2012年5月9日、LTEに対応したAndroid 4.0搭載スマートフォン「Xperia GX」および「Xperia SX」の2モデルを発表した。日本市場向けのXperiaシリーズとして、初めてソニーブランド(SONY)を採用する機種となる。発売は今夏以降を予定している。

 Xperia GX(写真1)は、下り最大75Mビット/秒のLTEに対応したフラッグシップモデル。約4.6インチの液晶ディスプレイを搭載し、おサイフケータイに対応する。「Xperia arc」のデザインを踏襲したアーク形状を採用。背面にはマットな質感の塗装を施した。最薄部は約8.6mmである。

写真1●約4.6インチ液晶を搭載するLTE対応機「Xperia GX」
写真1●約4.6インチ液晶を搭載するLTE対応機「Xperia GX」
写真1●約4.6インチ液晶を搭載するLTE対応機「Xperia GX」
実際に発売されるものとは一部デザインが異なります
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、約3.7インチの液晶ディスプレイを搭載するXperia SX(写真2)は、重さが約95gと軽いのが特徴だ。厚さは約9.4mm。同社によると、LTE対応スマートフォンとしては5月7日時点で世界最軽量だという。おサイフケータイのほか、赤外線通信機能やワンセグにも対応。ボディ全体を縦と横のクロスラインで4ブロックに分けたデザインを採用した。

写真2●LTE対応で約95gと軽量な「Xperia SX」
写真2●LTE対応で約95gと軽量な「Xperia SX」
写真2●LTE対応で約95gと軽量な「Xperia SX」
実際に発売されるものとは一部デザインが異なります
[画像のクリックで拡大表示]

音楽プレーヤーの名称は「WALKMAN」に

 両機種ともにOSはAndroid 4.0(Ice Cream Sandwich)。1.5GHz動作のデュアルコアプロセッサを搭載する。従来のXperiaシリーズと同様、画像・映像関連の機能としては光の反射を抑える「クリアブラックパネル」や画像処理用の「モバイルブラビアエンジン」を採用。カメラ機能にはソニー製の裏面照射型CMOSセンサー「Exmor R for mobile」を搭載する。テレビとの接続時には、専用のユーザーインタフェース「TV launcher」が起動する。

 GX、SXいずれもソニーの技術やサービスと連携した音楽やアルバム、映像アプリを搭載する。音楽プレーヤーには「WALKMAN」の名称を冠したアプリが初めてプリインストールされる。アルバムアプリはFacebookとの連携強化やピンチズームによる閲覧性の向上などを実現。映像アプリは米Gracenoteのコンテンツデータベースと連携する機能などを備える。

 なお、現時点ではどの携帯電話事業者から販売されるかは発表されていない。